サーマクールウルセラたるみ専門美容外科

細胞成長因子の作用を最大限活かして若返り

成長因子で若返るには

変えるための治療を行う当院では、成長因子の作用を最大化させる施術を行います。

  •   細胞成長因子のみを用いる独自の水光注射の施術法は、最大限の作用を引き出します。
  •  治療ごとに変化する優れた治療結果を得ています。
  •   ダウンタイムが取れる方には皮膚の老化に対する最も有効な治療の一つと考えます。

皮膚の老化で起きる事は

  • 細胞の数・機能の低下
  • 弾力が低下し、薄く伸び、シワができやすくなる
  • 余った皮膚がたるみ、もたつきを作る

 

※モデルはAIによる仮想人物です

AIによる老化のシュミレーションは、皮膚の変化だけで老化を表現している事から、皮膚の加齢変化だけで生じる変化が良く分かります。
 

■細胞を増やせるものが細胞成長因子

 細胞が増加すると・・・

  • 線維の細胞 ⇒ コラーゲンなどが増える
  • 真皮の細胞 ⇒ 張りが出る
  • 脂肪の細胞 ⇒ 自然なふっくら感

 細胞が増えること=老化の巻き戻し 

細胞を増やす事は、老化を逆回転すること

 ■細胞成長因子による細胞増殖の作用
  • 細胞が増殖
  • 増えた細胞がコラーゲンなどの繊維を多く作り出す
  • 繊維は皮膚を収縮させ、弾力と張りが戻る

 

■細胞成長因子を使うメリットのまとめ

細胞成長因子によるメリットは

  • 皮膚の加齢変化に対する万能薬になる
  • 部位によってレーザー系治療を凌ぐ効果
  • 治療(薬液の導入量)に応じた効果が出る(レーザー系治療は変化に限界がある)
  • 自然な若さの改善が長く続く

細胞成長因子(HSCM-100)の治療効果

  • レーザー系の治療の効果が出にくい『目回り・ひたい・首』では、細胞成長因子の方が改善する傾向にあります。
  •  

  • レーザー系治療に比べ自然で、長い持続効果が得られえます。

 

使い方で大きく異なる細胞成長因子の効果

    • 同一の薬液でも身体への導入量に応じて効果は異なります。
      少なければ外見上の変化はなく、多いほど変化も明らかになります。

 

    • 細胞成長因子の効果を最大限得るための、純粋なHSCM-100を使う当院の水光注射では、1回の施術でも皮膚の薄い目回りでは変化が出ます。

 

■当院で扱う細胞成長因子の種類・治療法

 ■ HSCM100 SF/FBS
   (さい帯血幹細胞培養上清液)

 水光注射 

オスモインジェクター

 ■脂肪幹細胞培養上清【浄化濃縮】

水光注射

点滴

 HSCM -100  水光注射 ‥薬液の導入量が最も多いもの

■高濃度細胞成長因子をつかう水光注射の価格

※再診の方は税抜き価格から10,000円引きになります。

施術部位 臍帯血幹細胞培養上清液
【HSCM-100FBS】
脂肪幹細胞培養上清
【浄化濃縮】
全顔 63,800円 58,000円
48,400円 48,000円
ひたい 34,300円 31,130円
目周り 34,300円 31,130円
ほほ(目周り含む) 46,200円 40,260円

➡オスモインジェクターの価格はこちら

■細胞成長因子≪浄化濃縮≫点滴の価格

浄化濃縮1バイアルの点滴の価格(税込み)
24,000円 追加1バイアルにつき 9,500円

 

脂肪幹細胞培養上清『浄化濃縮』について

  • 日本国内で精製された日本人の細胞由来の細胞成長因子です。(HSCM‐100は国外)
  • HSCM-100より安価です。
  • 水光注射での効果がHSCM‐100と同等以上にあれば、HSCM‐100から浄化濃縮へ移行します。
  • HSCM-100と異なり、点滴による導入方法も可能です。

期待される効果(メーカー資料による)

■局所注射(水光注射)

  • 抗炎症作用(損傷部位・炎症部位の治療促進・肩こり腰痛の疼痛軽減)
  • 美容作用(しわやたるみ・肌荒れの治療)
  • 血管新生による増毛
  • 育毛作用

■静脈点滴

” style=”soft” box_color=”#7e79fe” title_color=”#232121″ radius=”7″]

  • 血管再生・血管新生作用(動脈硬化病変の改善・振興予防・ED)
  • 免疫調整作用(アレルギー疾患・自己免疫疾患)
  • 神経細胞修復・再生作用(脳梗塞・脊髄損傷)
  • コツ再生作用(骨粗しょう症・歯肉炎)
  • スカベンジャー(活性酸素除去作用)疲労回復・生活習慣病予防)
  • 体内の幹細胞文化促進作用(自己再生能力の誘導など)
  • 組織修復作用(肝障害・間質性肺炎)
  • 糖代謝改善(糖尿病)

■細胞成長因子による水光注射の利点・欠点

 利点

■肌質自体の変化によるもの
  • 改善が難しい部位(ひたい、首、下まぶた)も施術の回数に応じて改善
  • 加齢変化が起きるまで長期持続
■皮下脂肪の増加によるもの
  • 自然な改善(人工的な硬さがない)
  • 複数回の施術により目回りは凹凸(くま、影)も改善
  • 複数回の施術により顔のシルエットも改善

 欠点

  • ダウンタイムがある
  • 目に見える改善のために2-3回必要な事がある
  • 未知の感染のリスクが絶対ないとは言えない